ホーム > 製品案内 > メンブレン式ドライヤー(中空糸膜式) 「サンセップ® > 製品紹介 > 設置フロー・使用例(除湿)
製品情報

地球環境に優しいテクノロジー:
メンブレン式ドライヤー(中空糸膜式)
「サンセップ®」の設置フロー・使用例(除湿)

除湿基本フロー

SWB・SWFシリーズ(外部パージモデル)


SWB-10-150,SWB-17-200 は除く

SWCシリーズ(パージ回路内蔵モデル)


SWC-M04/OP は除く

パージガスとは
中空糸膜を透過した水蒸気を排出するために、生成された乾燥空気の一部を中空糸膜外側に流します。このガスをパージガスといいます。
パージ率とは
供給ガス流量に対するパージガス流量の割合をパージ率といいます。
           
パージ回路内蔵モデル
SWB-10-150, SWB-17-200, SWCシリーズ(SWC-M04-70/OPを除く)は、パージ回路を内蔵しておりますので、ドライヤーの外側にパージ配管を設ける必要がなく簡便にご使用いただけます。
(パージ空気流量表をご参照下さい。)
パージガスはハウジングの下部若しくはパージガス出口より排出されます。パージガスはパージガス出口に配管接続することにより、別の場所へ排出することも可能です。
又、パージガス入口に別のガスを配管接続するにより、外部パージ方式としてもご使用いただけます。
ご検討の際には、お近くの販売店へご相談ください。

製品詳細

【ガス分析・サンプルガス除湿】

【圧縮空気・ガスの除湿】

設置・使用例

乾燥空気発生ユニットへの組み込み例

圧縮空気ラインへの組み込み例

レーザー干渉計型重力波検出器 TAMA300(国立天文台)
乾燥空気生成用例

AGCエンジニアリング

製品カタログ

=>製品カタログはこちら

お問合せ

メンブレン式ドライヤー(中空糸膜式)「サンセップ®」のお問合せについては下記リンク先をご参照下さい。

特注仕様・OEMも承りますので、ご相談下さい。

「サンセップ®」についてのお問合せ 型式選定・パージ流量・出口露点・空気以外のガス・使用について・その他のお問合せは下記までお願い致します。

AGCエンジニアリング株式会社

メンブレン事業部 CSグループ:
住所:
〒261-7119 千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目6番地1
WBGマリブウエスト19階
Eメール:
sunsep.agc@agc.com
TEL:
043-350-3378
FAX:
043-350-3384

AGCエンジニアリング
<利用目的>
お問合せメールにご記入いただいた個人情報は、お客様からのお問合せに回答することを目的として利用いたします。
<注意事項>
  • このサイトの個人情報保護方針はこちらを参照下さい。
  • お客様から頂きましたお問合せに関する回答は、当社及びAGC旭硝子グループ内の適切な部所より直接回答を差し上げます。

使用上の注意

  • 直射日光、高温輻射熱を避けて下さい。
  • パージ空気入/出口に 0.05MPa(Gauge)以上の圧力を加えないようにして下さい。
  • 供給空気(ガス)中の異物除去のために、供給空気(ガス)入口配管にフィルター(濾過度5μm以下)を設置して下さい。
  • ドレンが混入すると除湿性能が低下することがありますので、本製品の前段に自動ドレン分離器の設置をお薦めします。
  • 給油式圧縮機ラインに使用する場合には、供給空気(ガス)入口配管にオイルミスト分離器[濾過度0.3μm(95%捕集粒径)]を取付けて下さい。
  • 供給空気(ガス)は清浄なものとし、ゴミ、腐食性ガス、有機溶剤、化学薬品(金属塩・アンモニウム塩など)などが混入しないようにして下さい。
  • パージ空気流量を少量[10L/min(ANR)以下]で使用する場合には、ニードル弁よりも固定オリフィスをお薦めします。
    *ANRとは温度20℃、絶対圧101.3kPa (760mmHg)、相対湿度65%の空気の事です。
  • 減圧弁をご使用になる場合には除湿効率を高めるために、乾燥空気出口側に設置することをお薦めします。
  • 得られる乾燥空気露点は供給空気の流量、圧力、温度、水蒸気含有量、パージ空気(ガス)率、周囲温度などの操作条件により変化します。 特に、供給空気(ガス)温度が高い場合には、得られる乾燥空気の露点が上昇しますので供給空気(ガス)温度をできるだけ下げることをお薦めします。

 

「サンセップ」はAGCエンジニアリング株式会社の登録商標です。